読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mofoolog

再検索を省きたいから書いてるログ

ArchLinux

MQL4とMQL5(MetaTrader)をコンパイルするSublimeText3用パッケージを作った話

MetaTrade4とMetaTrader5の開発言語であるMQL4、MQL5ファイルをSublimeText3でコンパイルしエラー確認ログを自動表示するパッケージを制作した。そのSublimeText3用パッケージの紹介と経緯など。

Google Chromeのプラグインと設定

Chromeで使用中のプラグインと高速化を備忘録として残しておく。

高速なR+RStudioの環境構築(ArchLinux)

ArchLinuxで高速かつ楽のできるR言語の環境構築を行った。Rの高速化という事でFortranでコンパイルしライブラリはMKLが自動適応されるセッティングになる。詳細設定及びRStudioも導入する事で操作性もUPした環境。

SublimText3のPython開発環境(ArchLinux)

ArchLinuxのSublimeText3でPython開発用の設定を書いた。SublimetextプラグインAnaconda、ビルドシステムなどの使用方法まで解説。

Jupyter環境(Python2 & Python3)をAnacondaで構築(ArchLinux)

PC上にJupyter Notebook及びJupyter QtConsole環境をAnacondaを使用して構築。Python2とPython3を共存して使えるようにする。MKL無料化でAnacondaは必須環境に進化した。これを機に入門する。

Stack環境のHaskell用SublimeText3セッティング(ArchLinux)

stack環境のHaskellをSublimeText3で楽に編集できるように設定。stack-ide-sublimeプラグインを使用。

StackでHaskell開発環境を整える(ArchLinux)

ArchLinuxでStackを利用しHaskellの開発環境を整える手順。Stackを利用する事で、今まで悩まされていた依存関係やバージョン管理等が改善されるだけでなく、とても楽に構築できるようになった。

ArchLinuxでSublimeText3を快適に使う(共通セッティング編)

ArchLinuxでSublimeText3を使うための準備。各開発言語毎のセッティングは別記事にしSublimeText3の基本形セッティングに焦点を当てる。

ArchLinux+Cinnamon+GDM インストールと設定(NotePC)

ノートPCでWindowsを消し去ってArchLinuxをインストールする手順の記事。ArchLinuxのインストールはUEFI(GTP)及びxfs。GUI環境はCinnamon+GDM。その他、日本語環境、使用中のフォント、基本的に使っているアプリケーションなどをまとめて記載。